この本を読みたけりゃ燃やせ!?

本は紙なのだから、燃やしてしまったら最後、
のはずが、読みたければ燃やせとは、
この本は一体どーなっているのか?

燃える本
(下のInstagramより)

<スポンサードリンク>



この本のタイトルは『華氏451度』
1953年にレイ・ブラッドベリによって書かれたSF小説だ。

紙が燃え始める温度(華氏451度≒摂氏233度)を
意味している。

見た目は炭のように真っ黒なページばかりの本で
文字はまったく見えない。ところが・・・

Preparing burning stuff for 2018 #fahrenheit451 #superterrain #designgraphic #artbook #thermochromic

Super Terrainさん(@superterrain)がシェアした投稿 –

何とも不思議だが、
一種の感熱インクで覆われているらしく、
常温では黒いが、高温では透明になって
文字が読めるようになるという。

なぜこの『華氏451度』が選ばれたかというと、
本の所持や読書が禁じられた、ある社会における
人間模様を描いた作品だからだ。

今の時代なら、国の検閲を問題にしたのかと考えそうだが、
実際には1950年代のテレビやラジオが広まりだす時代に
書かれたものだ。

画像や音声などの感覚情報ばかりの社会で、
そこでは文字情報の本の所持が禁止されており、
発見された場合はただちに「ファイアマン」という機関が
出動して焼却し、所有者は逮捕される。

「お前、本を持っているな」
「ほら、本の形だけど、文字はないです」
「おっ・・・、そうだな」
(でも燃やすと本になる!?)

いろいろな会話がなされそうだ。

「読む前によく燃やせよ」
「本当に燃えちゃいそうで怖いな」
「読みながら燃やさないとだめだ」
「あっ、手が熱い」
「我慢しろ、読めないだろ」
「手が先に燃えそうだ」

発売は来年らしいが、楽しみだ。

燃やしながら読むのは面倒な人はコチラ。

レイ・ブラッドベリ (著)
華氏451度

 

cf) COLOSSALウィキペディア

 

<スポンサードリンク>



グルメ・グッズ
えっ、透明コーヒー現る!

えつ、これがコーヒー??
「クリアコーヒー」というとか。
そんなバカな・・・

I’m sorry, clear coffee? WHAT!? I need to try this. @clrcff #coffee #clearcoffee #lookslikewater pic.twitter.com/TmRbjCTdZb

— Mike Griffith (@PhotogGriff) 2017年4月18日

<スポンサードリンク>

あまりに意表を突いた透明なコーヒー。
私もコーヒー好きだが、やはりコーヒーらしい色がないと
なんともインパクトに欠けるというか、何というか・・・

これでも、カフェインを含んでおり、
味的にはジャワコーヒー系らしい。

原料はアラビカコーヒー豆で、
苦味が少な目で新鮮な味わい、香りが良い、とのこと。

開発したのは、「CLR CFF」というスロバキアの企業。
デイビッド&アダム兄弟が考案した。

Interview: The brand behind ‘the world’s first see-through coffee’ @clrcffhttps://t.co/nju6aAWUIo pic.twitter.com/CNiVzLr8O8

— FoodBev (@FoodBev) 2016年10月18日

私たち兄弟はコーヒー愛好家。
でも他の愛好家と同じように、歯に付着する汚れに悩まされていました。
しかし、この悩みを解消する商品はマーケットになかった。
それが私たちがこの商品を開発しようと思った理由です。

なるほど。
確かにコーヒーやお茶を飲み過ぎると、
前歯の内側が茶色くなったりして困るんですよね。

しかし、やっぱり透明には抵抗があるなぁ。
透明が売りではあるけれど、
缶にして色が分からないようにした方が
飲みやすいかなぁ・・・。

ref) CLR CFFHuffington Post

<スポンサードリンク>

グルメ・グッズ
丸いスーツケースが長崎で開発される、ありそうでなかった

スーツケースと言えば四角が相場。
素材はいろいろあっても、形はみな直方体。
そこへ丸いスーツケースが誕生した。

Snail1.png
(出典:NOVEL

<スポンサードリンク>

開発したのは、意外なことに(?)元中学校教員。
社会科の先生で、地理で動画を見せたいと
世界20ヶ国以上を旅行したという。

旅行をする中で、
従来のスーツケースの車輪が雪に埋もれたり、
石畳でガタガタとうるさかったりがよくあり、
丸いスーツケースをひらめいたそうだ。

それは私自身も経験のあることだが、
丸くすることは思い付かなかった。

横から見るとカタツムリに似ていると言うことで、
商品名は英語で 「スネイル」と名付けた。
会社名はNOVELというが、ロゴにも
カタツムリを組み込んだ。

Snail_NovelLogo.png
(出典:NOVEL

この4月に新入社員を4人採用したが、
全員教え子だというからすごい。
開発者で社長の立川正昭さんは
フリースクールを運営しているのだ。

さて、その丸いスーツケースだが、
直径55cm、巾34cm、容量38Lだ。
2-3泊の短期の旅行用だろうか。

詳しい構造は分からないが、
中の荷物がくるくる回ることはないらしい。
また、回転で発電してUSB充電の機能もあるという。

<スポンサードリンク>

カラーバリエーションがこんなにもあり、

Snail8colors.JPG
(出典:NOVEL

更には、側面のカバーを取り替えることもでき、
本当にいろいろなデザインを楽しめる。

SnailCovers.JPG
(出典:NOVEL

街中で引いていれば目立つので、
会社名やロゴ等を入れて仕事にも使えそうだ。

夏に発売予定で、まだ売っていない。
価格も当初10万円の見積だったが、
その後いい製造業者が見つかって7万円程度になり、
最終的な販売価格はまだ調整中。

なかなか楽しみな商品だ。

<スポンサードリンク>

グルメ・グッズ
どん兵衛の「かき揚げを『描き上げる』クリスチャン・ラッセン!?

カップ麺の「どん兵衛」
海やイルカの絵で有名なクリチャン・ラッセン
どう考えても組み合わせにならないが・・・

ダジャレで強制コラボ!

Donbei1.png
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

飛び跳ねるシャチのバックに
月のごとく空に浮かぶかき揚げ。

すると、
Donbei2.JPG
(出典:日清食品

ちょうど、どちらも40周年だったのですね。

クリスチャン・ラッセン かき揚げを、描きあげる

鬼かき揚げ。
僕はそれを一目見た時から、
描き揚げずにはいられなかったんだ。
それにしても、慣れないものを
描くのはムズカシイ。
でも大事なのは、うまく描くよりも、
うまそうに描くこと。
アートって、そういうものさ。

コチラのどん兵衛のサイトを見てみてください。
よく考えられています。
http://www.donbei.jp/onikakiage/

メイキング・ムービーもあります。

サイトの下の方には、この絵の壁紙の
ダウンロードもできるようになっています。

Donbei3.JPG

今後もどん兵衛の奇想天外なダジャレに期待します!

<関連記事>
日清どん兵衛が「おわび」

<スポンサードリンク>