異色の予言者クレイグ・ハミルトン・パーカーによる2018年

写真を見ると、何だかお坊さんみたいな風貌だが、
イギリスの一般企業で宣伝部長を務めるという
クレイグ・ハミルトン・パーカー (Craig Hamilton-Parker)
という一風変わった予言者である。





 

過去において、トランプ大統領の当選、イギリスのEU離脱派の勝利、
ドイツのメルケル首相暗殺計画の発覚などを的中させてきた。

そのハミルトン・パーカー氏が、2018年については
総じて政治的な不安定と異常気象による被害の年
と言っている。

また、人間の意識が重要で、意識と行動により
できごとも変わり得ること、歴史に刻んできた
カルマにも影響を受けることを言っている。

では、一連の予言を見ていこう。

政治社会面での予言

・イタリアのベスビウス火山が噴火し、
ニュージーランドでも地震が頻発する。
他にも、これまで地震には無縁だった地域にも地震が増える。

・南極の巨大な氷棚の分離で、南氷洋のあちこちが
通行不能になる。

・カリフォルニアとオーストラリアで山火事、
インドと中国で洪水
カリブ海で記録的なハリケーン

政治社会面での予言

・北朝鮮への禁輸措置はうまくいかず、米軍が鉄道や橋を
攻撃する。4つの高いタワーがジェット戦闘機に破壊される。

・2017年12月か2018年1月に金正恩体制が崩壊する。
戦争になる瀬戸際だが、北朝鮮国民の力で退陣
させられ、姿を消し中国に亡命したと言われる。

・一方で、中国の圧力で日本も軍拡に走り、
東アジアが不安定になる。

・中国とアメリカ間でもハッキングなどサイバー戦争が起きる。

・ドイツやフランスで極右勢力が、民族問題や暴動を起こす。

・シリアではISISが滅び、その過程で殆ど人が住まない場所になり、
かつ分割されてしまう。

・世界的にインフルエンザが大流行する。
北朝鮮とテログループによる生物化学兵器によるものと
結びつけられる可能性もある。

・アメリカにより、日本は平和憲法を捨てさせられ、
アメリカのミサイル防衛サービスを買わされる。

・ウクライナがミサイルや核技術の違法な販売で
糾弾される。

・ビットコインによる詐欺や、テロや戦争の資金源化が暴かれ、
有名なアメリカ企業も絡んでいたことが発覚する。

・ヨーロッパの首都が、テロリストのドローンを使った化学兵器ガスで
攻撃される。

 





 

経済面の予言

・イタリアの銀行が危機に陥り大混乱を招く。

・2018年末から2019年に向けて、ユーロが暴落し、
経済が落ち込んで暴動が起きる。

・イギリスとアメリカはユーロ安に見舞われるが、
経済は急速に盛り返し、ポンドとドルが国際通貨となる。

・デンマークとイタリアのEU離脱が懸念される。

 

 

まだまだあるのだが、長くなったので、
一旦ここまでにしたい。

起きて欲しくない予言が多い。
皆の意識と行動で防いでいきたいものだ。

残りが気になる方は、上の動画と次のサイトをご参照を。

cf) Psychik and Astrogy

 

Craig Hamilton-Parker (著)
Messages from the Universe: Seeking the Secrets of Destiny
Craig Hamilton-Parker (著)
Psychic Development:
INTUITIVE KNOWLEDGE:
How to be Psychic Through Visionary Clairvoyance

 





 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スピ
幽体離脱の3つの方法!?

Collective Evolutuionというサイトに、
幽体離脱(体外離脱)の方法が出ていた!

幽体離脱,体外離脱
(出典:CE

<スポンサードリンク>

随分前になるが、私はその昔Gさんの幽体離脱の
セミナーを受講したことがあり、何度も試したことがある。

あともう少し、というところまで行ったのだが、
「元の体に戻れなくなるかも」
という恐怖が出てきてしまい、結果的にはできなかった。

その時は、体の中の何かが、
グワァ~ッと大きく動くような体験をした。

その時に教わった方法に比べると、
Collective Evolutuionに出ていた
ケイリー・ブラウンさんによる方法は、
あまりにシンプルで、「えっ、これで?」という感じだ。

幽体離脱は、英語では「Astral Projection」とか
「Out-of-Body Experience」略してOBEという。

そして、3つの方法が提示されている。

① ロープ・テクニック

実際のロープを使う訳ではなく、イメージを使う。
ベッドに横たわって、天井から自分の真上にロープが
垂れさがっているとイメージする。

そして、そのロープを手で昇ってアストラル体を引き上げていく、
とイメージする。
めまいを感じることもあるが、問題ないので続ける。

とにかく、アストラル体が肉体から出るまで、
ロープを昇ることに集中することが重要だ。

<スポンサードリンク>

② 寝入る瞬間の観察

これは難しいかも知れない。

寝入る瞬間、意識を保ったまま、
睡眠に入る過程をずっと観察し続け、
アストラル体を肉体から抜け出させる
という方法だ。

夢を見ながら意識を保って、
アストラル体が肉体の上に浮かんでいる様子を
可視化できればうまくいく。

体だけ眠らせて、意識は覚醒したままにする
というのは、言葉としては分かるけれども、
実際には寝入ってしまう可能性が高い。

③ 二度寝法

これも2番目の方法に少し似ている。

起床時間の2-3時間前にアラームをセットしておく。
アラームに気付いたら、アラームを止めて、
すぐにまた眠りに戻る。

と言っても、眠りに戻るのは肉体だけで、
意識は覚醒した状態を保つ。

そして、アストラル体が肉体の上に浮かんでいる
様子を可視化する。

以上の3つの手法だが、
皆さんはできそうだろうか?

私も試してみて、何かあったらご報告します。

ref) Collective Evolutuion

大澤 義孝 (著)
28日間でマスターする 幽体離脱トレーニングブック
大澤 義孝 (著)
幽体離脱入門 霊トレで離脱は誰でもできる!

<スポンサードリンク>

スピ
ゲリーボーネルによる先日のワークショップとレクチャー

今月半ば、あのアカシック・リーディングで有名な
ゲリー・ボーネルさんが来日し、
ワークショップやレクチャーをされて今日帰国されました。

私は参加できなかったのですが、
主催者さんがいくつか資料を公開してくれています。

Gary,Bonnell,ゲリーボーネル
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

1つは、10月12日開催のイブニングレクチャーで
使用した資料です。

最後のページには33日間唱えることで
更なるパワーを発揮する召喚文を掲載しています。

『私たちを支える存在たちの様々な領域』

・ 気づかれていない領域
・ 叡智が伝える「人間」とは
・ 潜在意識と顕在意識
・ 期待が動かす現実
・ 直感より知性
・ 永続する人生の選択
・ 罪悪感と恥
・ 直感の再誕生
・ 知・性より直感
・ 科学より芸術
・ 地に足のついたバランス
・ 自己覚知
・ 意識とエネルギーしかない
・ ユニバーサルマインドの層
・ スピリットの誕生
・ スピリットの戦略
・ スピリットの輪廻転生
・ 意識 感覚意識
・ 女性性/男性性
・ 意識的な協働
・ 多次元的な知覚
・ 時空における私たちの位置
・ 私たちは、人工的な生命体
・ 形而上の生命
・ 私たちの沢山のヘルパーたち
・ 私たちのガイド
・ 私たちの守護存在たち
・ 目的にかなった私たちの欲するものと必要なもの
・ 人間の鋳型
・ 存在するのはマインドのみ
・ 「創造」の内の私たちの場所を知る
・ 永遠なる魂である故私たちはキリスト種である
・ 大いなる召喚の言葉 All this I AM

<スポンサードリンク>

もう1つ、10月22~23日の2日間で開催した
ワークショップ『真実の言葉をあなたの動力にする』
の冒頭部分です。

真実を語ることの大切さを理解し、
自己の本質に立ち戻り、
真実の言葉を自身の動力にする。

内なる声を目覚めさせ、自分の真実に生き、
パワフルに進むことに関する内容でした。

・自己の本質に出会う~エネルギーブロック解放、チャクラの気の流れを良化

・社会的な仮面を外し、内なる声を目覚めさせる、直感的理解力、コミュニケーション力を高める技法

・自分の行動的反応や感情的反応を自ら理解しコントロールするための技法

・自分にとっての真実が社会的義務や暗黙の了解とどう関わっているか理解する

・自分の真実に生き、パワフルに進む―さらなる結果を引き出すために潜在的能力の使い方を知る

ご参考まで

cf) Knowing Inc.

<関連記事>
「ゲリー・ボーネルによる2016年の予言」
ゲリー・ボーネルの「7-1-7プラナヤマ呼吸法」
ノウイング~アンダーソン/ストルト

ゲリー•ボーネル (著)
叡智の道 THE KNOWING WAY
レムリアから伝わる神秘の教え《思考の現実化》
ゲリー•ボーネル (著)
[2014~2018]アカシックリーディング
日本人が知って変えていくべき重大な未来
ゲリー•ボーネル (著)
アカシックレコードカード

<スポンサードリンク>

スピ
山梨の巨石・パワースポット|昇仙峡と大滝

山梨2日目。
昨日のうちに予定していたところは行けたので、
10数年ぶりに昇仙峡に行ってみた。

仙娥滝,大滝

<スポンサードリンク>

昇仙峡

前は中央高速の甲府昭和ICから行って、
今回は甲府の町中から違うルートで行ったので、
途中までは違う場所に来てしまったように感じた。

仙娥滝の上のお土産屋さんの集まったあたりに
着いて、やっと思い出す風景は増えたが、
10数年でだいぶ変わっていた。

しかし、もちろん自然の方は以前からのまま。

仙娥滝は水量豊富で、雄大な滝だった。
下の方に虹も出ていた。
マイナスイオンもたっぷり。

仙娥滝

仙娥滝の下流側には、超巨大な石がゴロゴロ。
昨日の大石神社の本殿裏の御影石並みか
更に大きな巨石ばかり、すごい!

仙娥滝

さすがに、聖なる性質をもつものではないけれど、
その存在感は圧倒的!

石門もとにかくでかい。

石門

水の流れ、巨大すぎる石・石・石、絶壁、
楽しく散策させていただいたが、
昇仙峡の情報は巷にたくさんあるので手短に。

<スポンサードリンク>

大滝

午後からは、今まで行ったことのなかった、
昇仙峡の上の方の板敷渓谷にある大滝へ。

ここは一度通り過ぎてしまった。
目立つ案内板等がなく、
大滝橋という橋があったので、
その辺りを探すと小さな看板があった。

大滝橋の次の板敷橋の脇の
「パワースポット 板敷渓谷」という看板の
前を下に降りて行く。

IMG_6888s.jpg

橋の下にまた歩行者用の橋があり、
それを渡るとすぐ滝がある。

「えっ、これが大滝?」
橋のほぼ真下にあり、道路からは見えない。

白髭滝

と思ったら、これは白髭滝という別の滝だった。
右に折れて通路が奥へと続いていた。

板敷渓谷

少し行くと「大滝まで220m」の立て札。

大滝

小さな階段や橋や、よく作ったと感心してしまう通路。
渓谷を数分進んでいくとあった!
落差30mほどの大きな滝が。

大滝

かなり滝つぼの近くまで行けて、
水しぶきがかかるくらい。

とても清々しい氣に満ちている。
座れる場所があれば、瞑想にもよさそう。

こんなところに、と意外なところに
意外と大きな滝であった。

まあまあ知られているとは思うけれど、
まだまだ穴場かも知れない。

今日は平日だったので、
人も2人しか見なかった。

滝の下の方に、気になる岩が1つ。

長さ1mくらいのそこそこ大きな板状の石が
流れの途中で引っ掛かって、
微妙なバランスで止まっているのだ。

とても人が持てる大きさ・重量ではなさそうだが、
下を小さな石や木の棒が支えている。
これは人でないとできそうにない。

でも、人には持てそうにないし。。。
一体、どうやってこうなったのか??

IMG_6885s.JPG

おまけに、帰ってから確認したら、
大量のオーブが舞っている!
一体全体なんなのか??

ということで、2日間の山梨での旅でした。

<関連記事>
山梨の巨石・奇岩たち(パワースポット)
パワースポットまとめ

<スポンサードリンク>