ブログ
旅行・スポット

旅行に行くならクーポンでお得に

ゴールデンウィークを控え、行楽シーズンが始まるが、
なるべくお得に行きたいところ。

たとえば「じゃらん」はクーポンばかりを集めたページ
「まるっとクーポン」を用意してくれている。

<スポンサードリンク>

1000円くらいから10000円以上のものまで各種あり、
エリアや日付、金額など各種条件で該当クーポンを
探し出せる。

これなんかは、4月30日限定、大人3人で16000円以上の
条件で、8000円のクーポンだ。
ギリギリで使えば半額になる!

こちらは、京都 北陸 九州エリアでの
10万円以上のツアーで使える。
つまり最大で5%引きということ。

取り急ぎじゃらんしか調べてませんが、
他にもいろいろあるので、よく調べて
申し込むとオトク!

じゃらんクーポン

<スポンサードリンク>

続きを読む
グルメ・グッズ

えっ、透明コーヒー現る!

えつ、これがコーヒー??
「クリアコーヒー」というとか。
そんなバカな・・・

I’m sorry, clear coffee? WHAT!? I need to try this. @clrcff #coffee #clearcoffee #lookslikewater pic.twitter.com/TmRbjCTdZb

— Mike Griffith (@PhotogGriff) 2017年4月18日

<スポンサードリンク>

あまりに意表を突いた透明なコーヒー。
私もコーヒー好きだが、やはりコーヒーらしい色がないと
なんともインパクトに欠けるというか、何というか・・・

これでも、カフェインを含んでおり、
味的にはジャワコーヒー系らしい。

原料はアラビカコーヒー豆で、
苦味が少な目で新鮮な味わい、香りが良い、とのこと。

開発したのは、「CLR CFF」というスロバキアの企業。
デイビッド&アダム兄弟が考案した。

Interview: The brand behind ‘the world’s first see-through coffee’ @clrcffhttps://t.co/nju6aAWUIo pic.twitter.com/CNiVzLr8O8

— FoodBev (@FoodBev) 2016年10月18日

私たち兄弟はコーヒー愛好家。
でも他の愛好家と同じように、歯に付着する汚れに悩まされていました。
しかし、この悩みを解消する商品はマーケットになかった。
それが私たちがこの商品を開発しようと思った理由です。

なるほど。
確かにコーヒーやお茶を飲み過ぎると、
前歯の内側が茶色くなったりして困るんですよね。

しかし、やっぱり透明には抵抗があるなぁ。
透明が売りではあるけれど、
缶にして色が分からないようにした方が
飲みやすいかなぁ・・・。

ref) CLR CFFHuffington Post

<スポンサードリンク>

続きを読む
社会・流行・乗物

パンクしない空気のいらないタイヤ

車も自転車もめったにパンクするものではないが、
万一してしまった場合には本当にやっかいだ。

そこへ、空気が要らない、つまりパンクしないタイヤが
ブリジストンからいよいよ登場する!

AirFree1.jpg
(出典:ブリジストンサイクル

<スポンサードリンク>

「エアフリーコンセプト」により、ゴムチューブはなく
空気は要らない。

代わりに、特殊形状のスポークが、
一種の板バネのように働いて、荷重を支える。

リサイクル可能やゴムや樹脂を使用しており、
エコにもなっているようだ。

確かにこれならパンクの必要はなくて安心だ。
ただ、乗り心地は試してみないと分からない。

ちなみに、昨年発表されたときはこんな感じだった。

AirFree2.jpg
(出典:ブリジストン

カートのような軽量車両用で、
特殊樹脂スポークの数が多かった。

自転車よりも荷重が大きいので当然だろうが、
これで時速60kmまで耐えられるものだった。

今回のは自転車用なので、
一番上の写真のようにスポークは少なくなった。
あとは、価格と乗り心地ですね。

4月30日に福岡県久留米市で、6月4日には横浜市で
「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」
というイベントがあり、そこで試乗できるらしいので、
関心のある方は、行ってみましょう!

参照⇒ http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2017031002.html

尚、しばらく市場調査の上、発売は2019年の予定。

マルニ 自転車用瞬間パンク修理剤 75ml
Holts(ホルツ) パンク修理剤 タイヤウェルド
(軽自動車~1300ccまで) MH762

<スポンサードリンク>

続きを読む
宇宙・文明

ロズウェル・ロックとミステリーサークルの奇妙な符合

下の石の写真を見て欲しい。
どこかで見たことあるような模様が彫られている。

RoswellRock2.jpg
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

この石はロズウェル・ロックと呼ばれている。
UFO事件で最も有名とも言えるあのロズウェル事件の
現場付近で2004年9月に偶然発見されたもの。

初めはUFOが墜落したと地元の新聞に発表されたが、
軍が付近一帯を立入禁止にして調査を行い、
軍事用気球が落下したものと訂正された事件だ。

軍による隠蔽だろうとも言われているが、
本当はUFOだったという物証として、
2004年9月に、近くでシカ猟をしていたロバート・リッジさんが
この石が半分砂に埋もれているのをたまたま発見した。

ロズウェル周辺にはない石で、
表面にくっきりとした人工的な模様が彫られている。
普通の石工職人にはできない精巧さらしい。

RoswellRock.jpg

更に、石は磁気を帯びていた。
滑らかな面に置いて磁石を近づけると回転する。
(動画の7:10あたりを参照)

X線で検査も行われたが、全体的に均質で
磁気を帯びている理由が科学的に不明だという。

更に不思議なのが、1996年8月2日にイギリスのチゼルドン
(ロンドンの西約100kmの町)に出現した
ミステリーサークルの模様とほぼ同じということだ。

MisteryCircle1.jpg
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

これは確かに同じデザインとしか言いようがない。
何かしら関連があるのは間違いないだろう。

ただ、場所はイギリスとアメリカで、
時代も1947年と1996年と約50年の差がある。

もちろん、ミステリーサークルを見た誰かが石を掘って
ロズウェルに置いた可能性もゼロではないが、
それは考えにくい。

ミステリーサークルの研究は、UFO研究家だけではない。
米・カリフォルニア工科大学のホーレス・ドリュー博士は
20年にも及んで研究を続けてきており、

「ミステリーサークルは
 エイリアンから人類へ向けたメッセージであり、
 しかも未来から届けられている。」

とまで述べている。
それが、宇宙人であれ、未来人であれ、
そのメッセージの内容を解かねばならない。

我々に一体何を伝えているのだろうか?

ref) Mail OnlineTOCANA

<関連記事>
ミステリーサークルがアルゼンチンのUFO頻出地に
バイカル湖にストーンサークルならぬアイスサークル!
イギリスで摩訶不思議な5000年前の巨大石板を再発掘!
ミシガン湖の湖底にストーンヘンジ?『世界の何だコレ!?ミステリー』

マイケル・グリックマン (著)
クロップサークル 未来暗号「超」解読 宇宙から届いた人類進化の全貌
ミレニアム・ミステリーサークル写真集―イギリス現地空撮

<スポンサードリンク>

続きを読む
自然・動物

イタリア・ミラノに沸き立つ不思議な雲

4月11日にイタリアのミラノで、沸き立つような
見たことのない雲が出まくったそうです。

RT @metropolitani: A very spectacular cloud today in #Milan @CloudAppSoc pic.twitter.com/IrXcjXRqN3

— Cloud Appreciation (@CloudAppSoc) 2017年4月15日

<スポンサードリンク>

この後、嵐模様になったそうなのですが、
積乱雲とも感じが違うし、何と言うのでしょうか?
気象関係者のコメントは見つけられませんでした。

#nonpromettenulladibuono – #clouds over #milan – #apocalisse

Jacopo Longhiniさん(@jaco.long)がシェアした投稿 – 2017 4月 11 10:04午前 PDT

twitterやInstagramにたくさん出ているのですが、
ハッシュタグと「すごい」、「怖い」などのコメントしかなく、
それ以上の状況が分かりません。

90度を超えてしまった空中滝とでもいうか、
なんとも形容のしようがありません。
とにかく奇妙な雲です。

池田圭一 (著)
図説 空と雲の不思議 きれいな空・すごい雲を科学する
雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑

<スポンサードリンク>

続きを読む
社会・流行・乗物

「バスがまた、通るようになったから」のコンセプト動画がいい

アップルがカリフォルニア州で自動運転の公道実験を
始めるというニュースがあったが、日本でも
「スマートモビリティシステム研究開発・実証事業」
いうものが進んでいた。これのコンセプト動画がいい!

AutoBus02.jpg
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

人の多い街の交通の効率化ではなく、
電車が廃線、代行バスも廃止、
というような高齢化、過疎化が進んでしまった町に
バスだけでも復活させようというもの。

まず、バス停に付いたらブザー(?)を押すというのが
面白いというか妙な感じ。
もちろん降りるときにも押すのだが・・・

AutoBus0.jpg
(下のYouTubeより)

運転席に誰もいないのは、
なんだか幽霊が運転しているみたいで
これも怖いというか妙な感じ。

AutoBus1.jpg
(下のYouTubeより)

乗客が乗り込むと、着席を確認した上で、
「発車します」とアナウンスして発車している。

途中、信号のない交差点でも、
交差する車線から他の車が来るのを
きちんと認識して一時停止している。

どのように認識しているのか不思議だ。
赤信号の場面はないが、
それも何か信号を受けるのだろう。

<スポンサードリンク>

更に、トラックが道路に落とした荷物を検知して、
非常停止もしている。

遠隔監視しているらしく、事態が収まると
人が案内を流し、質問にも答えているのは
安心材料だ。

とにかく、心温まるコンセプト・ムービーになっていて、
是非実現して欲しいと感じる。

(経済産業省や国土交通省とともに
 動いているのが、ソフトバンク・グループの
 SBドライブという会社だ。
 Yahoo! Japanも資本参加、道路情報提供をしている。)

ここまで過疎でなく、そこそこ人口のある我が市でも、
県営団地と最寄り駅との間にバス路線がなく、
大きな坂もあって、困っている高齢者が多かったが、
最近数人乗りの小さなコミュニティバスが走り出した。

もちろん自動運転ではなく、
運賃はバスとタクシーの中間くらいで割高だ。
それでも利用者は増えている。

これも、自動運転にできれば
運賃を下げて、もっと利用者を増やせるだろう。

運転者なしで、万一事故が起きたら・・・
というのが一番の心配だが、
技術で乗り越えられることを期待したい。

小木津 武樹 (著)
「自動運転」革命 ロボットカーは実現できるか?
桃田 健史 (著)
自動運転でGO! ~クルマの新時代がやってくる~

<スポンサードリンク>

続きを読む
グルメ・グッズ

丸いスーツケースが長崎で開発される、ありそうでなかった

スーツケースと言えば四角が相場。
素材はいろいろあっても、形はみな直方体。
そこへ丸いスーツケースが誕生した。

Snail1.png
(出典:NOVEL

<スポンサードリンク>

開発したのは、意外なことに(?)元中学校教員。
社会科の先生で、地理で動画を見せたいと
世界20ヶ国以上を旅行したという。

旅行をする中で、
従来のスーツケースの車輪が雪に埋もれたり、
石畳でガタガタとうるさかったりがよくあり、
丸いスーツケースをひらめいたそうだ。

それは私自身も経験のあることだが、
丸くすることは思い付かなかった。

横から見るとカタツムリに似ていると言うことで、
商品名は英語で 「スネイル」と名付けた。
会社名はNOVELというが、ロゴにも
カタツムリを組み込んだ。

Snail_NovelLogo.png
(出典:NOVEL

この4月に新入社員を4人採用したが、
全員教え子だというからすごい。
開発者で社長の立川正昭さんは
フリースクールを運営しているのだ。

さて、その丸いスーツケースだが、
直径55cm、巾34cm、容量38Lだ。
2-3泊の短期の旅行用だろうか。

詳しい構造は分からないが、
中の荷物がくるくる回ることはないらしい。
また、回転で発電してUSB充電の機能もあるという。

<スポンサードリンク>

カラーバリエーションがこんなにもあり、

Snail8colors.JPG
(出典:NOVEL

更には、側面のカバーを取り替えることもでき、
本当にいろいろなデザインを楽しめる。

SnailCovers.JPG
(出典:NOVEL

街中で引いていれば目立つので、
会社名やロゴ等を入れて仕事にも使えそうだ。

夏に発売予定で、まだ売っていない。
価格も当初10万円の見積だったが、
その後いい製造業者が見つかって7万円程度になり、
最終的な販売価格はまだ調整中。

なかなか楽しみな商品だ。

<スポンサードリンク>

続きを読む
社会・流行・乗物

北朝鮮情勢緊迫化、もしJアラートが鳴ったらどーする?

長らく戦争やテロ等とは直接的には無縁に近い状態で
過ごしてきた日本だが、ここに来てアメリカ-北朝鮮の関係が
急速に緊迫化してきた。

偶発的なものであったとしても、万一の場合、
北朝鮮は韓国や日本の米軍基地を狙ってミサイルを
打ち込んでくる可能性がある。

Japan_Korea2.jpg

<スポンサードリンク>

大地震や大津波が来るときに活用されてきた
「Jアラート」(全国瞬時警報システム)だが、
他国から軍事行動を起こされたような場合にも使われる。

地震でなら、ドコモのエリアメールや、
au、ソフトバンクの緊急速報メールが鳴った
経験があるのではないだろうか。

内閣官房によると、北朝鮮がミサイルを発射し、
日本の領土・領海に飛んで来る可能性がある場合には、
Jアラートが鳴るそうだ。

実は過去に1回あった、
2016年2月7日9時半に北朝鮮がミサイルを発射した際、
9時34分に沖縄県にはJアラートが鳴っている。

私の住む神奈川県には、厚木基地、座間キャンプ(陸軍司令部)、
横須賀港(米海軍)などがあり、
標的になってしまう可能性がある。

考えたくはないが、万が一の場合、
まず来るのは、
 ①発射情報
通過のみの場合は
 ②通過情報
領土・領海に落ちそうな場合には
 ③屋内退避の呼びかけ
というように出るそうだ。

屋内に逃げても仕方ない気もするが、
直撃でもない限りは、爆風や吹き飛ばされたものから
身を守るためらしい。

可能であれば、「地下」が一番よい。
なるべく堅牢な建物に逃げるのが無難だ。

1月終わりころから、この件を目的にした訳ではないのだが、
姉妹サイトの「乱数を使ったシンクロニシティ実験」にて
コンピュータによる乱数の発生具合に
異常がないか3ヶ月弱見てきているが、
幸いにして、ここしばらくはあまり乱れていない。

すごい情報戦、駆け引きが行われているが、
とにかく、最悪の事態は避けるべく
祈るしかない。

ref) 弁護士ドットコム

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日
父・金正日と私 金正男独占告白

<スポンサードリンク>

続きを読む
社会・流行・乗物

地上150m、底がガラスのスカイプール~マーケットスクエアタワー

4月6日、アメリカのヒューストンにあるマーケットスクエアタワーが、
ビルの40階に突き出た底がガラスのプールをお披露目した!
ここ泳げますか?


(出典:http://sandragunn.com/2016/properties/market-square-tower/

<スポンサードリンク>

シンガポールのマリーナベイ・サンズの3つのビルの
屋上にまたがったインフィニティプールもすごいが、
これもまたスゴ過ぎる!

地上150mの40階から突き出ていて、
アクリル樹脂で底がスケスケのプールなのだ。
これは、泳ぐどころか、歩いていくのも怖い。

インスタグラムに動画が出ていた。

足がすくむどころではないだろう。

ここはホテルではない。
いわゆる高級タワーマンションだ。
住人にしか使えない。

家賃は最低でもワンルームの月1,805ドル(約20万円)から
ペントハウスの18,715ドル(約208万円)まで。

是非という方は、不動産会社に問い合わせて欲しい!?
http://sandragunn.com/2016/properties/market-square-tower/

<スポンサードリンク>

続きを読む
自然・動物

4月5日、インドにとんでもない雷、雷、雷の嵐!

4月5日、インドのグルガーオンという町を
とんでもない雷の嵐が襲った。
その写真がスゴ過ぎる!

RT meteozinas “RT severeweatherEU: Brutal lightning barrage over Gurgaon, India on April 5. Composite of 89 exposu… pic.twitter.com/6HrtXgCMUW

— Dieviete Meteo (@DievieteMeteo) 2017年4月8日

<スポンサードリンク>

グルガーオンは首都ニューデリーの南西側のすぐ隣。
人口約87万人の大きな町だ。

ここに立て続けに89発(?)もの落雷があったという。
ほんの2つ、3つでも震え上がる人も多いのに、
89個とは信じがたい数だ。

ちなみに、上の凄まじい写真は、ある一瞬の1枚ではなく、
同じ場所から撮影した一連の写真を合成したもの。
それにしてもすごいが・・・

恐ろしいことに、インドでは近年落雷が増えており、
2014年には2500人以上もの人々が
落雷で命を落としているそうだ。

昨年2016年には、6月21日~23日の3日間で
120人が落雷で亡くなるという、
とんでもない事態になっている。

海外で大地震があると、必ずと言っていいほど
耐震設計が問題にされるが、落雷に対して、
高い建造物に避雷針は付いているのだろうか?
そのあたりの情報は見つからなかった。

ただ、今回のような町中というよりも、
広い平野で農作業中に落ちてきたケースも多いらしい。
避難場所の確保が急務だろう。

ref) reddit地球の記録

柳川 俊一 (著)
よくわかる雷サージ対策技術
シリコンゴム亜鉛酸化雷放電電流避雷針

<スポンサードリンク>

続きを読む