ブログ
宇宙・文明

火星にGoogleがデータセンター?

Google Earth(グーグルアース)で火星のとある場所を
見ていくと、なんとビル群や太陽光パネルが写っている!?

火星のグーグル・データセンター
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

これは、Google Cloud Platformブログに
正式に掲載されている!
https://cloudplatform.googleblog.com/2017/03/Google-Cloud-Platform-expands-to-Mars.html

火星だというのに、ストリートビューまでできる!!

本当にデータセンターの準備中という感じの雰囲気だ。

火星のグーグル・データセンター

ちゃんと壁にGoogleのロゴが。
「Google Foothills」グーグル山のふもと??
受付じゃないですよね。誰も来ないし。

火星のグーグル・データセンター

玄関?
どうやら出入口の模様。
でも、そのまま出入りできるのか?空気は?

火星のグーグル・データセンター

ということで、場所はNASAのクリオシティが着地した
地点から近いゲール・クレーターらしいので、
Google Earthで探してみたが見当たらない。

火星のグーグル・データセンター

WEB版でも、何だか消された感じ。

火星のグーグル・データセンター

4月1日ではなく3月31日の記事ではあるが、
Googleの技術者の遊び心で作り、
エイプリルフールで出したのでは?
と思われる。
その後、データを消したのだろう。

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか
グーグルの個人・チームで成果を上げる方法
グーグルに学ぶディープラーニング

<スポンサードリンク>

続きを読む
自然・動物

奇観「影鳥海」が出現!

昨日9月5日早朝、日本海上に
「影鳥海」が出現した!

奇観:日本海上に「影鳥海」 日の出とともに出現 – 毎日新聞 https://t.co/p5Qm9fNcxW

— 毎日新聞秋田支局 (@mainichiakita) 2017年9月6日

<スポンサードリンク>

登山家の間では有名らしいが、
「影鳥海」のことは知らなかった。
読み方すら分からなかった。

山形県の秋田県との県境付近にそびえる「鳥海山」なら
多くの人が名前くらいは知っていると思う。
人によっては日本酒の銘柄として。

その鳥海山が、朝日を東から浴びて、
西の日本海に影が映し出される現象だ。

影が映るだけなら、よく起きそうな気もするが、
東側に雲が無く、山頂部が雲や霧に覆われていない
という条件があり、これがなかなか難しいらしい。

今回は、山のほぼ全体が映り、
それが約30分も続いたそうだ。

地図で見ると、山から日本海までは10km以上ある。
よくそこまで映るものだ。

標高2236mだが、実際には独立峰ではない。
新山、七高山、行者岳、伏拝岳、荒神ケ岳等の
山群の総称だ。
1716年の大噴火でできた新山が最高峰になる。

「出羽富士」とも呼ばれ、きれいな円錐形をしている。

これも是非一度直接見てみたいが、
ちょっと遠いことと、登山になってしまうので、
難しいかなぁ・・・

四季鳥海山
―青野恭典写真集
純米大吟醸 鳥海山 720ml

続きを読む
社会・流行・乗物

日本人はなぜ中高6年も英語を習ってもしゃべれない?

日本人は、ほとんどの人が中学・高校の6年間、
大学にも行けば8-10年も英語を学習するのに
なぜしゃべれないのでしょうか?

EQ_English.jpg

<スポンサードリンク>

日本で出会う日本語をそこそこ話す外国人に
「日本語お上手ですね。どのくらい勉強されましたか?」
と聞くと、大抵は「3ヶ月」とか「半年」という
びっくりする答えが返ってくる。

日本で言えば、中1の夏か冬には
英語をそこそこ話せるようになったようなものだ。

一体どういうことなのか?

私は海外に約3年間暮らしたことがあるが、
ネイティブじゃない人たちの英語は
結構ブロークンだった。

ややこしい、仮定法とか分詞構文とかは
ほとんど使わないぶつ切り英語も多い。

一方、日本人は概して、正しい文法で話そうと
無意識に(?)こだわってしまい、
なかなか言葉が続かなかったり、
黙り込んでしまったり、
あるいは質問が聞き取れなかったり
が多かった。

もちろん、論文やレポートなどは
正しい文法でないと困るだろうが、
会話は通じさえすれば、
少々ブロークンでも構わない。

ネイティブの相手は、そのブロークンさ加減に
合わせて、単語や言い回し、スピードを
調整してくれるから、さほど問題ない。

こちらの書籍(DVD)では、

・メンタルブロックを外さない限り、日本人はどれだけ
 英語を学んだとしても、外国人と話すことができない。

・TOEIC250点でも英語は話せる。

と説いている。

説いているのは、元ANAで同時通訳をされていた
現役大学教授の本城武則氏。

本来1980円を無料!送料のみ負担
購入できるので、関心のある方は是非どうぞ。
http://tinyurl.com/eqconv

EQ_English.jpg

<スポンサードリンク>

続きを読む
自然・動物

地球温暖化は自然現象との説!?

オーストラリアの2人の学者が、地球温暖化は
完全に自然現象だとする論文を発表した。

温暖化
(CC0パブリックドメイン)

<スポンサードリンク>

その論文を出したのは、生物学者で気候科学否定者の
ジェニファー・マロハシー(Jennifer Marohasy)氏と
コンピュータ科学者のジョン・アボット(John Abbot)氏。

一般的には、産業革命以降の人間の活動によるCO2
大量排出が温暖化の要因と言われているが、
2人の研究によると、仮に産業革命がなかったとしても
今の温暖化は起きているという。

二酸化炭素原因説は、二酸化炭素が赤外線放射を
吸収するという仮説に基づいているが、
これは1世紀も前の間違ったモデルからきているという。

2人は、気温を読む手段になる木やサンゴの年輪などの
データを過去2000年分集め、アボット氏がオーストラリアの
降雨パターンを予測するために使っているニューラル・ネットワーク
に投入した。

その結果、
①二酸化炭素の増加がなくても、現在の温度上昇は
起きていたという予測がなされ、二酸化炭素が原因ではないと
結論された。

また、
②産業革命が起きるはるか前の986年から1234年の
時期が、現代とほぼ同じ気温であったことが判明した。

①②より、今問われている地球温暖化は、
産業革命以降のCO2大量排出が
原因とは言えず、自然現象なのだと結論した。

ref) PHYS.org


関連記事にあげた過去の記事も
参考にしてみて下さい。

小氷河期

<関連記事>
2015年に小氷河期が始まっていた!?
COP21開催、地球温暖化は本当か?

広瀬 隆 (著)
二酸化炭素温暖化説の崩壊
深井 有 (著)
地球はもう温暖化していない:
科学と政治の大転換へ

<スポンサードリンク>

続きを読む
宇宙・文明

続報2)ナスカで発見の真っ白なミイラのプレス・コンファレンス

前回7/23に紹介の
「続報1)ナスカで発見の真っ白なミイラはハ虫類!?」
とは実際には前後してしまうが、2017年7月11日にペルーで
プレス・コンファレンス(記者会見)が開かれており、
その時の要旨をお伝えしたい。

ナスカのミイラ

<スポンサードリンク>

◆Nazca Mummy Press Conference

パッと見は皆真っ白で同じにしか見えないが、
細かく調査した結果、2種類いることが分かった。

ナスカのミイラ

・3本指は同じ
・片方は手の腱がカーブしている、もう一方はしていない。

ナスカのミイラ

・最大6つの指骨(指の途中の関節が5つ)ある
・別の種は足に4指骨、手に5指骨ある

 指骨:外に出ている指の骨
 中手骨:指の根元の掌の中の骨

・白い粉は、珪藻類
 シリコン、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄を含む

・マリアと呼ぶ検体は厳密にはミイラではなく、
 内臓が全て残った保存死体だった。

・頭蓋がヒトよりもかなり大きく、脳の外周も非常に大きい

・ペルーの文化省と大統領に研究への参加を依頼する文書を
 送ったが、2-3週間たっても返事がない。
 いくつかの大学にも協力要請したが、笑って取り合わなかった。

<スポンサードリンク>

・ミイラから組織サンプルを採って、メキシコの大学施設で調べたところ、
 -脳:炭素14年代法で1050±30年前
 -手:1205年前
 -胴体:1771±30年前
 -子供のミイラ:791±30年前

 つまり、現代のものを合成するなどして偽造したものではない。

・アメリカで検査したところ、
 手が3380±30年前と大きく異なる結果が出た。
 別の検査では、同じ手が6420±30年前と出た。

 ⇒仮説として、地球生まれではないのかも知れない。
  地球環境でなければ、この年代測定法は使えない。

・マリアと呼んでいる検体では矛盾がなく
 各機関で、1750年前、1771年前、1775年前、1785年前
 とほぼ揃っている。

・ビクトリアと呼ぶ検体では
 1110年前、1105年前、1050年前、790年前

・解剖学的にも偽造である可能性はない

・大後頭孔が普通は円形か卵型なのに、これは四角い

ナスカのミイラ

・首が長く、首には椎骨がない
・肋骨が水平の角度で並行に並ぶ

ナスカのミイラ

・あごが小さく、飲み込みはできるが咀嚼はできない
・鼻孔はあるが、出っ張った鼻はない

・腰は半球状の関節ではなく、足は前後にしか動かない
・指の本数だけでなく、手根骨、くるぶしなどの構造が人と違う
 くるぶしから先は指が大部分で足の裏がほとんどない
・足の指先が90℃下に曲がっている
・指紋はあるが、平行線で渦を巻かない

・眼孔が大きい

・髪の毛がない、耳たぶがない、薄片のある肌、卵→は虫類的

・片方の種は、とう骨(前腕外側)と尺骨が分かれてなく1本のみ
 これは古生物学的にも記録がない
 ⇒よって、地球上で発生したのではない

・マリアには髪と乳房、乳腺がない→哺乳類、霊長類ではない

・万一、これが偽物、作り物ならば、責任者は罰せられなければならない、
 真実が何であれ、ペルー政府や関連機関も加わってもらって、
 真実にたどりつきたい、と非常に謙虚な姿勢

・ミイラは発見者から調査の期間だけ借りただけで、
 研究者たちの手元にはない。
 海外の投資家(?)が買い取るという話もあるが、
 ペルー国外に持ち出されたり、消されたりすることは望まない。
 だからこそ、ペルー政府に関わって欲しい。

出典:いずれも Gaia.com より

<関連記事>
続報1)ナスカで発見の真っ白なミイラはハ虫類!?
ナスカで真っ白な3本指のミイラ発見!

ナスカの地上絵 革製マグネット3種類
ペルー製
「ナスカ」-地上に描かれた遥かなる銀河

<スポンサードリンク>

続きを読む
自然・動物

虫の音は雑音!?

うちの近所は比較的大きな木が多く、
7月半ばくらいからセミの大合唱が始まる。

ミ~ン、ミ~ン、ジ~~とうるさいはうるさいが、
これがなくてもまたさみしい。

虫の音は時には心地よく、癒されるが、
西洋人にはただの雑音にしか聞こえないらしい。

虫の音
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

たまたま、このような動画を見つけた。

虫の鳴き声を「声」として認識するのは、
世界広しと言えども、日本人とポリネシア人だけらしい。

東京医科歯科大学の角田教授の研究によると、
西洋人は虫の音を音楽脳=右脳で聞いて「雑音」としか感じず、
日本人は言語脳=左脳で聞いて「声」として認識する。

更に面白いことに、
外国人も日本語を母国語として育てられると日本人型になり、
日本人も外国語を母国語として育てられると西洋型になる
という。

西洋人は音楽脳で聞くならぬ聴くのならば、
虫の音を音楽として認識してもよさそうだが、
音楽にもならないので雑音扱いなのだろうか?

一方の日本人は更に、動物の鳴き声や波、風、雨、
小川のせせらぎなども言語脳で聞くというから
不思議だ。

言語や自然観により、頭の働き方が変わるという訳で
人体の不思議でもある。

ん~ん、不思議だ。

そうは言っても、さすがに犬の鳴き声は西洋人にも聞こえる。
ただ、「ワンワン」ではなく英語では「バウワウ」に変わる。

鳥を含めた動物や虫の鳴き声のどこに
雑音とそうでないものの境目があるのだろうか??

これも不思議~。

加藤 俊徳 (著)
右脳の強化書
知能を高める瞑想:
右脳を活性化させる技術

<スポンサードリンク>

続きを読む
スピ

幽体離脱の3つの方法!?

Collective Evolutuionというサイトに、
幽体離脱(体外離脱)の方法が出ていた!

幽体離脱,体外離脱
(出典:CE

<スポンサードリンク>

随分前になるが、私はその昔Gさんの幽体離脱の
セミナーを受講したことがあり、何度も試したことがある。

あともう少し、というところまで行ったのだが、
「元の体に戻れなくなるかも」
という恐怖が出てきてしまい、結果的にはできなかった。

その時は、体の中の何かが、
グワァ~ッと大きく動くような体験をした。

その時に教わった方法に比べると、
Collective Evolutuionに出ていた
ケイリー・ブラウンさんによる方法は、
あまりにシンプルで、「えっ、これで?」という感じだ。

幽体離脱は、英語では「Astral Projection」とか
「Out-of-Body Experience」略してOBEという。

そして、3つの方法が提示されている。

① ロープ・テクニック

実際のロープを使う訳ではなく、イメージを使う。
ベッドに横たわって、天井から自分の真上にロープが
垂れさがっているとイメージする。

そして、そのロープを手で昇ってアストラル体を引き上げていく、
とイメージする。
めまいを感じることもあるが、問題ないので続ける。

とにかく、アストラル体が肉体から出るまで、
ロープを昇ることに集中することが重要だ。

<スポンサードリンク>

② 寝入る瞬間の観察

これは難しいかも知れない。

寝入る瞬間、意識を保ったまま、
睡眠に入る過程をずっと観察し続け、
アストラル体を肉体から抜け出させる
という方法だ。

夢を見ながら意識を保って、
アストラル体が肉体の上に浮かんでいる様子を
可視化できればうまくいく。

体だけ眠らせて、意識は覚醒したままにする
というのは、言葉としては分かるけれども、
実際には寝入ってしまう可能性が高い。

③ 二度寝法

これも2番目の方法に少し似ている。

起床時間の2-3時間前にアラームをセットしておく。
アラームに気付いたら、アラームを止めて、
すぐにまた眠りに戻る。

と言っても、眠りに戻るのは肉体だけで、
意識は覚醒した状態を保つ。

そして、アストラル体が肉体の上に浮かんでいる
様子を可視化する。

以上の3つの手法だが、
皆さんはできそうだろうか?

私も試してみて、何かあったらご報告します。

ref) Collective Evolutuion

大澤 義孝 (著)
28日間でマスターする 幽体離脱トレーニングブック
大澤 義孝 (著)
幽体離脱入門 霊トレで離脱は誰でもできる!

<スポンサードリンク>

続きを読む
自然・動物

ピンク色の虹がイギリス西部に出現!

これまで、白い虹円形の虹などご紹介したが、
今度は珍しいピンク色の虹が出現した!

BBCニュース – 珍しい「ピンク色の虹」出現 英西部 https://t.co/tBmMTaAdvo pic.twitter.com/2KZxCT1Idv

— BBC News Japan (@bbcnewsjapan) 2017年8月9日

<スポンサードリンク>

場所はイギリス(イングランド)西部の
ブリストルやトーントン、イェイトの町あたり。

このイリュージョンに「アメージング!」、「かわいい!」
などの声が上がっている。

この現象に呼び名は特になく、
通常の虹と、ピンク色の夕焼けが重なった
ものだという。

日没で太陽が低い位置にあることから
昼間よりも多くの大気を通過することになり、
波長の短い紫、青、緑が薄くなり、
赤寄りの色が強く見えてピンクっぽくなるらしい。

虹自体だけでなく、その内側も含めて
半円の膜状にピンク色になるのが面白い。

虹と夕焼けが重なるだけなら
もっと頻繁に起きそうな気もするが、
なかなかレアな現象らしい。

迷走台風による大雨はもういいから
たまにはこういう現象も起こして欲しい。

ref) BBC News

<関連記事>
完全に円形の虹がロシアで撮影された!
白い虹がスコットランドに出現!七色じゃない!?
月虹が石垣島に出現!
各地で低い虹が多発、吉兆or凶兆?

カレンダー2018
壁掛 虹のある美しい風景カレンダー
迫り来る地球大変容で >に生まれ変わるあなたへ
叡智の伝承者>が伝えるマザーアース超深層メッセージ

<スポンサードリンク>

続きを読む
旅行・スポット

世界一長い吊り橋がスイスで開通!

スイスのアルプス山中に、長さ494m、地上86mの
世界一長い吊り橋が開通した。

世界一長い吊り橋
(出典:Telegraph

<スポンサードリンク>

場所はこのあたり。
ランダという村の付近。

高所恐怖症の人にはとても渡れそうにない。
グレヘンとツェルマットの間の谷に架かっている。

吊り橋ではあるが、ジェットコースターのような
急な上りと下りを歩かなければならない。

それでも、以前は4時間も地上を歩いていたところを、
わずか10分ほどで空中から渡れてしまうのだから
非常に助かる。

橋からは、マッターホルン、ヴァイスホルン、
ベルナー・アルペンなどの山々を眺められる。

これは、行けるものならば、
是非一度行ってみたい。

cf) Telegraph

鹿取 茂雄 (著)
封印された日本の秘境
依田 照彦 (著)
トコトンやさしい橋の本

<スポンサードリンク>

続きを読む
自然・動物

完全に円形の虹がロシアで撮影された!

と言えばアーチ形に相場は決まっているが、
ロシアで完全に円形の虹が撮影された!

円形の虹
(下のYouTubeより)

<スポンサードリンク>

虹は普通は半円より小さな円弧の一部しか
見えないし、端まで見えることもない。

ところが、虹には似つかわしくないのだが(笑)
ロシアのサンクトペテルブルクの高層ビルの
建設現場で、ぐるりと一周円形の虹が
撮影されたのだ。

撮影場所は、ラフタセンターという高層ビルの
地上462mのクレーンの捜査室だ。

これが大自然の中なら雰囲気もあるのだが、
それでも、なんかラッキーな気分にはなれる。
不思議なまん丸の虹だ。

<関連記事>
白い虹がスコットランドに出現!七色じゃない!?
月虹が石垣島に出現!
各地で低い虹が多発、吉兆or凶兆?

レインボー 投影機
LEDイルミネーションライト
虹~いきものがかり

<スポンサードリンク>

続きを読む